アニメ紹介

来たぞ、我らの・・・『ULTRAMAN』!【2019年夏アニメ紹介】

こんにちは、最近は大学やその他いろいろ忙しくて、一か月ぶりの更新になります、koutakakahoです。

実は、今期(2019年夏期)のアニメはほとんど見れていません…(このままだとアニメオタクとは名乗れない💦)。

ですが、そんな中でも以前から注目していて一気見したアニメがあります。

今季アニメですが、早くも2期制作が決定したフル3CGの大注目作品、『ULTRAMAN』です!

▼Twitter始めました。フォローよろしくお願いします!

アニカツ! 公式Twitter

『ULTRAMAN』とは?

今回紹介する『ULTRAMAN』は、日本が誇る特撮ヒーロー「ウルトラマン」シリーズの続編を描くオリジナル作品です。

手掛けるのは、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の神山健治監督と『APPLESEED』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧伸志監督。

原作は、2011年創刊の「月刊ヒーローズ」にて連載中の『ULTRAMAN』(清水栄一、下口智裕)です。(公式サイト)

公式サイトでは、期間限定で原作の1~3話が公開されています。原作の雰囲気をつかみたい人はチェックしておくのが良いでしょう。

2019年6月現在、Nexflixでのみ限定公開されています。一か月間は無料です。『ULTRAMAN』は全話公開されているので、無料期間中に見てしまいましょう!

Netflixを見てみる

あらすじ

かつて、この世界には「光の巨人」と呼ばれる存在がいた。光の巨人は1人の地球人と同化し、異星人の侵略や「怪獣」と呼ばれる巨大生物による幾多の破壊と混沌から世界を守っていた。やがて光の巨人はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失った。

40年後、ウルトラマンの存在が過去のものとなった世界でウルトラマンと同化した過去を持つ早田進(ハヤタ・シン)の息子・早田進次郎(ハヤタ シンジロウ)は、生まれながらに特殊な力を持っていた。ある日突然、謎の敵に襲われた進次郎を助けに現れた父・早田は「自分こそがウルトラマンだった」と告白。父の危機を前に、元科特隊の井手からウルトラマンスーツを与えられた進次郎は敵との戦いに挑む。(公式サイトより引用)

今回のウルトラマンは身長42メートルの巨人ではありません。ウルトラマンの力を再現したパワースーツを着た人間です。

ウルトラマンとゼットンの戦いののち、公式には怪獣は地球を襲撃したことはないことになっていますが、実際には地球に襲来し地球人に紛れて生活しています。科学特捜隊(以下、科特隊)は、異星人がらみの事件を秘密裏に解決していました。

早田新次郎は、自らの驚異的な身体能力をもてあましていました。しかしある時謎の異星人、ベムラーに襲われ命を狙われます。

新次郎のピンチを救ったのは、スーツをまとった実の父、早田新でした。新はみずからがウルトラマンであったことを告白し、新次郎を救出したのちベムラーとの戦いに挑みます。

早田新

始めはベムラーと互角に渡り合っていた新。しかし徐々に追い詰められていきます。

新次郎はウルトラマンスーツを着て、父のピンチを助けることができるのでしょうか?

以上が簡単なあらすじです。

登場人物

早田新次郎(はやたしんじろう):かつてウルトラマンと同化していたハヤタ・シンの息子。ウルトラマンの因子を受け継いだため、常人離れした力を持つ。ベムラーの襲撃をきっかけにウルトラマンスーツを纏い、その後も葛藤しながら敵に立ち向かう。

早田新(はやたしん):早田新次郎の父。かつてウルトラマンとして地球を脅かす怪獣との戦いを繰り広げたが、ゼットンとの死闘の末、敗北。ウルトラマンと分離したのちは、地球人として活動し現防衛大臣。

ベムラー(べむらー):早田新次郎とその父、早田新に突如攻撃を加えた異星人。航空機事故に関与していたと考えられる。

諸星弾(もろぼしだん):科特隊のウルトラマンスーツ、通称「ウルトラセブン」をまとって戦う、冷静沈着な青年。新次郎に対し常に厳しい態度で臨む。

北斗星司(ほくとせいじ):異星人の手で作られたスーツを着てウルトラマンとして活動する新次郎の後輩。航空機事故の生き残り。

ジャック(じゃっく):異星人の街で情報屋を営む謎の男。新次郎の正体がウルトラマンであることを知っており、ことあるごとに接触をはかってくる。その目的はいったい何なのか…。

佐山レナ(さやまれな):人気絶頂の高校生アイドル。新次郎に不良に絡まれていた時に助けてもらったのをきっかけに親しくなる。

エド(えど):かつてウルトラマンを倒したゼットン星人の末裔。科特隊に協力をしているが、その目的は謎に満ちている。

井出弘光(いでひろみつ):早田新の科特隊時代の同僚で親友。エンジニアでもあり、ウルトラマンスーツを開発した。

遠藤庸介(えんどうようすけ):警視庁の刑事で、連続殺人事件の犯人を追っている。佐山レナの父親。

みどころ

なんといっても華麗な3DCGで描かれるアクションシーンが見どころです!

また、戦闘だけではなく新次郎を取り巻く重厚な人間関係もしっかり描かれています。
新次郎は、ウルトラマンとして闘う決意はできるのか。科特隊の真の目的はなんなのか。航空機事故の真相は。連続殺人事件の犯人はだれか、北斗星児の正体は…。

神山監督お得意の重厚なSFストーリーも見ごたえがあります!

各話のあらすじ

一話:驚異的な身体能力以外はごく普通の高校生、早田新次郎。ですが、彼の日常は異星人の突然の襲撃で大きく変化します。新次郎はスーツをまとい、ウルトラマンとして闘う決意をする…。

2話:ウルトラマンとして科特隊の事件解決に協力することになった新次郎。しかし、凶悪な異星人とはいえ「処分」することに迷いを覚える。そんな新次郎に科特隊の先輩、諸星弾は厳しい態度をとる。
(以下順次更新)

まとめ

いかがでしたでしょうか? 『ULTRAMAN』に興味はもっていただけたでしょうか?

もし興味がわいた人は、Netfixに登録すれば今すぐ視聴ができます。禅話公開済みなので、その華麗なアクションをいますぐ堪能してください。

また、こちらの記事ではアニメジャパンで『ULTRAMAN』が紹介されていた時のことを書いています。良ければ読んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!