イベント

ホラーファンなら行っておきたい!? 呪みちる&稲垣みさお+鯛夢のトークイベントレポート!

みなさん、こんにちは。東京都在住の大学生koutakakahoです。

私、実は2018年10月23日に阿佐ヶ谷駅徒歩一分に位置する昭和レトロな雰囲気を醸し出すカフェ、『よるのひるね』で行われた、『呪みちる&稲垣みさおホラートーク~ゲスト・鯛夢先生』に行ってきました!

よるのひるね外観

ホラー漫画好きなら知らないはずのない御三方のトークイベントですが、定員約30名と参加人数が限られていたよう。

そこで今回、実際にイベントに行ったレポートをして、いけなかった人にも紹介できたらと思います!

 

▼▼▼こちらの記事もおすすめです!▼▼▼

「エコエコアザラク展」「SUMMER MADNESS」に参加してきました!【ホラーイベント】こんにちは。サイト管理人のkoutakakahoです。 久々の更新になってしまい申し訳ありませんでした…。 7月中旬ごろから期末...

▼Twitter始めました。フォローよろしくお願いします!

アニカツ! 公式Twitter

呪みちる&稲垣みさおホラートークとは?

『呪みちる&稲垣みさおホラートーク』とは、2006年からカフェよるのひるねで毎年行われているトークイベントで、なんと今年で13周年になります。

『悪夢の青空円盤』『人造人間の怪』といった奇想天外な話から、『黒い清涼飲料水』に代表される都市伝説系の怪談をかきこなすホラー界のプリンス、呪みちる先生。

『猟奇伝説アルカード』『監禁家族』などに代表される意外なオチとドロドロの人間ドラマを描く女性ホラー作家、稲垣みさお先生。

このお二人のトークを中心に毎年ゲストを招いて執筆の裏話や実話体験談を赤裸々に語ってくださいます。

今年のゲストは、実話をもとにした身も凍る怪談が持ち味の鯛夢先生でした。

ホラー漫画界の超有名人三人に出会えて興奮冷めやらぬ状態でした!

気になるトークイベントの中身は?

さて、気になるトークイベントの内容ですが、中二回の休憩をはさんだ3部構成でした。どれも初耳ですごく面白い話だったので詳しく紹介したいと思います!

第一部:呪先生の新刊の裏話

はじめの一時間は呪先生の新刊『顔ビル/真夜中のバスラーメン』の裏話でした。収録作すべてとはいきませんでしたが、何作かのモデルとなった建物や体験の紹介をしてくださいました。

まずは、『黒い清涼飲料水』や『顔ビル』のビルのモデルになった愛知県の某清酒工場。写真がないので見せられないのですが、作中のビルとも勝るとも劣らないおどろおどろしいビルでした。

 

▼▼▼呪みちる先生の最新刊はこちら!▼▼▼

残念ながらその建物はすでに取り壊されてしまったそうです。呪先生いわく、「廃墟は行きたいと思ったときに行かないと、次に行ったときにはなくなっている」そうで!

気になったらすぐ行動ということですね。

そして驚いたのは、呪先生の偏食趣味!(とご自身でおっしゃっていました)。

バッタみたいな虫からゲテモノ料理までなんでもござれという懐の広さ。『ヤキトリ奇談』の焼き鳥も実際に食べたことがあるそうで、食レポが生々しすぎて稲垣先生は本当に気持ち悪そうになってました(笑)。

イベントの様子

第二部:鯛夢先生の体験談

第二部は鯛夢先生の心霊体験談がメインでした。まず初めは、仕事部屋のデスクのねじがひとりでに抜けた話。

その話だけでも、ビビりの私にとってはぞっとする話だったのに、次の話は聞いた人がみんな不幸に見舞われるという伝染系の話。なにせ聞いた人が全員火事になるといういわくつきでした。

やめてくれ~。叫びたくなるのを押しこらえてやっと話が終わると思ったその時。

ガタン

という音が突然!

稲垣先生の叫び声で二度驚いてしまいました!

結局物が落ちた音でしたが、タイミングが良すぎて思わず震えてしまいました。

そして、何より怖かったのは「自分にとっては霊体験というものではないですけど、人に話すと『それは心霊現象じゃない!?』と言われることも多い」という鯛夢先生の発言。

慣れ過ぎている人は、気づきすらしないのか! 霊感のない私には全く想像のつかない言葉でした。

第三部:稲垣先生の執筆中作品のお話

最後は、稲垣先生の新作執筆中のお話でした。今、描いてらっしゃるのは昭和43年に4人を連続で射殺した殺人犯、永山則夫の物語です。

永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年(昭和43年)10月から11月にかけて、東京都港区・京都府京都市東山区・北海道函館市・愛知県名古屋市の4都道府県において、各犯行当時19歳の少年だった永山則夫が相次いで起こした、拳銃による連続殺人事件である。警察庁による名称は「警察庁広域重要指定第108号事件」である。[出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』]

なんかすごそうですね。永山則夫は、服役中に大きく反省し著述活動に専念したことで有名です。また、彼の裁判で用いられた「永山基準」は、のちの司法判決に大きく影響を与えました。

稲垣先生が彼の人生をどのように描くのか楽しみですね!

お楽しみ抽選会

最後に、13周年を記念してお楽しみ抽選会がありました!

ホラートークに13回すべて参加していた方に呪みちる先生のサイン入り色紙がお渡しされました。

その方は、新幹線でイベントに来たそうです。すごいですね!

私は、じゃんけんに負けてなにももらえませんでした。残念・・・

でも、尊敬する先生方にお会いすることができてすごく楽しかったです!

物販の紹介

私が購入した物販を紹介します。

左が、呪みちる先生の限定同人誌。右が、稲垣先生がかかわっている『ホラーグルメNo.7』左が、呪みちる先生の限定同人誌。右が、稲垣先生がかかわっている『ホラーグルメNo.7』

どちらも前から欲しかったので、手に入れられて満足です!

最後に

いかがでしたでしょうか? ここには書き切れなかったこともたくさんありますが、それはご勘弁ください(笑)

呪先生と稲垣先生のトークイベントは来年も開催されると思います。

この記事を読んで気になった方は、お二人の先生のtwitterをフォローすると最新情報が分かります。是非この機会にどうでしょうか?

呪みちる先生
稲垣みさお先生

最後まで読んでいただきありがとうございました。

役に立ったなと思ったら、下のシェアボタンからシェアお願いします!

 

▼Twitter始めました。フォローよろしくお願いします!

アニカツ! 公式Twitter

「エコエコアザラク展」「SUMMER MADNESS」に参加してきました!【ホラーイベント】こんにちは。サイト管理人のkoutakakahoです。 久々の更新になってしまい申し訳ありませんでした…。 7月中旬ごろから期末...